2011年05月01日

ナビを汎用ナビバッグに装着

汎用のナビ用バッグに迷WANをキッチリと装着
バッグは汎用品のため、当然本体がピッチリとはなるとは限らない
このままじゃブカブカで、動き回っちゃうので何とかならないかと考えた挙句
厚手のスポンジが手元にあったので、形状に合わせてスペーサーを作成してみた

まずはざっくりと、切り出し
バッグにナビを装着1.jpg

各所、形状に合わせて細かな合わせ作業
バッグにナビを装着3.jpg

バッグにナビを装着4.jpg

で、このようにハマります
バッグにナビを装着2.jpg

次は背面の板の作成
塩ビの厚手シートがあったので、これを使用しました
バッグにナビを装着5.jpg

で、二つを合体
バッグにナビを装着6.jpg

バッグにナビを装着7.jpg

こうなります
バッグにナビを装着8.jpg

配線の穴も忘れてはいけません
バッグにナビを装着9.jpg

で、ピッタリとはまりました!!
バッグにナビを装着10.jpg

電源はカウルの内側まで、引っ張ってきてありますので
バッグを装着した時に引き込んで、接続します
バッグにナビを装着11.jpg


忘れてはいけません、ナビの音声!
自動車と違って、バイクでは画面を見ていられません
ほぼ大半が音声に頼ることになります

チョイスしたのはB+COMの、ヘルメット用スピーカー
バッグにナビを装着12.jpg

接続が汎用的な、ミニステレオプラグなので
ナビからの延長ケーブルを、そのまま接続できます
他のヘッドセットは、メーカー特有の形状になっていたりするので
この汎用ステレオプラグは、最適でした

ヘルメットのイヤーパッドの所に「貼り付け」、と取り説には記載されていますが
いくら”チョー薄型”とはえい、耳に当たって非常に痛くなるので
ヘルメットのパッド側を、スピーカーの厚み分だけ削り取ります
バッグにナビを装着13.jpg
リューターなどがあると、削るのが非常に便利です

完成の図
バッグにナビを装着14.jpg

音量、音質とも問題無し
まずまずの完成度でした



バイクでの使用時以外は、主に車内でのTV視聴用になります
ナビインプレッション1.jpg

ナビインプレッション2.jpg

ハンドル装着用ブラケットを、アシストグリップに装着しました
映りが良くないので、外部アンテナも装着

MTBの時は、このハンドルブラケットで装着し
ウォーキングの時は胸ポケットに入れて、持ち出します

う〜む!ほぼ計画通り (-。-)y-゜゜゜
posted by チャー at 11:35| Work & One-Off